« 加工バカ | トップページ | 進行度 »

アルミ材料 まとめ

本やネットで調べれば一般論は調べられるので割愛

ココでは使ってみての感想・感覚を書いておきます。

あくまでも俺個人の感想です。

★5000番アルミ

切削加工が素直にできる。複雑な形状も、加工表面が綺麗に仕上がりやすい。

1.5mmくらいまでなら、無理なく曲げ加工できる。

1mm板なら、練習で0.1mmくらいまでの精度は出せる。

なぜなら、1000番に比べて、ハンマーで叩いたときに潰れないから。

★2000番(ジュラルミンとかよばれるね)

切削加工が5000番並に素直にいく。やっぱ快削~♪

ただし、曲げ加工はむりっぽい。すぐに亀裂が入る。

なんか曲げたくない。

5000系より硬さがあるので、曲げ加工の必要が無いとこにね。

組み合わせ(ハメアイ)に向くかも。

腐食に弱いとか聞くけど、アルマイトかけちゃえば問題なさそうだし、

なにより2000番アルミが腐食してるとこは見た事無いなぁ。

★7000系(超々ジュラルミンという) なんかけったいな名前ね~

戦争中に、日本が発明したとか聞いた、なんか割りと最近できたのかな?

とにかく、使うとしたら文句なしで、材料のなかで一番良い、俺大好きよ (^O^)

2000系よりも硬いし 粘りもちゃんとあるので『バキッ』と割れない感じ。

ホントに材料としては理想ですね。

軽さはアルミ、だけど鋼鉄並の強度です。(ホントにそんな感じがする)

2000番とは比べられないくらい強い。

 

ただし、加工がすごく難しい。鉄だもん。

鉄の加工をしたことがないと難しいかも。俺もすごく加工に苦労した。

 

まだまだ未熟者です・・・

アルミニウム万歳

|

« 加工バカ | トップページ | 進行度 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430008/23217370

この記事へのトラックバック一覧です: アルミ材料 まとめ:

« 加工バカ | トップページ | 進行度 »