« 配線しました | トップページ | Psoc その後2 »

Psoc その後

ひさびさの更新です。
psocだいぶ使えるようになりました。(CY27443)

 

主にできるようになったこと

①内部の8分配マルチプレクサを使って、一つのAD変換器で8chとりこむ。
 全部で12chいけるみたい。
 でも、悲しいくらいに遅いです。

 ただでさえ遅いAD変換器(最大で7.8khzくらいだっけ?)を、
マルチプレクサの分配により使っているので、単純に1/8の速度・・・ 無いわぁ・・・
 サンプリング周期は1MHZくらい欲しい。

②内部のデジタルブロックを使って、8chの独立したPWMを出力させる。
 CY29446を使えば、16chいけるね。
 サーボいっぱい動かせるね♪
 (でも、サーボの制御周期は50HZと低くて萎える・・・。制御周期1KHZくらい出したいな)
 意外と一番簡単な要素だったかも。

③LCDで、バーグラフと右つめの数値を出力させる。
 デバックしやすいね♪

④タイマ割り込みを使って、一定周期で割り込み処理をかける。
 一秒とかもつくれるね♪

 
 

PSOCを使ってみて思ったこと

①計算能力が低い(8ビットCPUだしね)

②アナログデバイスのくせにAD周辺の機能が低い。なんてこったい
 オペアンプは、ギリギリでセンサーに使えるくらいのレベル。
 速度も遅いし俺は使いたくないかな。

③PWMを出すのが得意
 お手軽に綺麗なPWMが出せるので、メインの使い方はPWM発生器になりそう。
 過度応答もしっかりしていた。ポートの出力が強いらしい。
 PWMの性能はSH-2と同じレベルかな?

実験動画
「MAV_0004.mp4」をダウンロード
「MAV_0005.mp4」をダウンロード
 

1M以上のファイルはアップ出来ない。
不便ね、youtube使おうかな。

 

それにしてもSH2面白そうね。

まだ頑張るとは言わないでおく。

|

« 配線しました | トップページ | Psoc その後2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430008/29162443

この記事へのトラックバック一覧です: Psoc その後:

« 配線しました | トップページ | Psoc その後2 »