« 電流検出成功! | トップページ | 世の中捨てたモンじゃないね (◎´∀`) »

PSOC 電流検出完璧だ♪

PSOCでのAD変換が上手くいかなかったのですが、
最近やっと上手く出来るようになった。

詰まったところをまとめると
① AD変換機の動作クロックを、自分で決める必要がある。
② ADの積分サンプル数を、一定以上とらないとダメ。
③ 分解能を上げると、サンプル周期が下がる。
④ ①~③の兼ね合い(バランス)を、
   公式的なものを見ながら調整しないとダメ。

なんらかんらで、PSOCのAD変換は無駄に難しい。
SHなんて『動けー』って感じの命令だけでいいのに。

文句をいいつつ、ゲインアンプ(PGA)は便利です。
プログラムでオペアンプのゲインを変えられるのは嬉しい。

動画だよ♪ ヽ(´`)/


  

     

LCDの右から2番目がシャント抵抗の電圧をAD変換したもの。

レベルメーターへの出力式が 255-AN[ i ] だから

停止しても70くらい残ってしまう。

LCDが80ドットなので、ほとんど変化しないよね~ (ノ∀`)アチャー

 

 機能はまったく同じ

Photo_2  

内臓ゲインアンプは0~5Vまでさちらないで出してくれる。
LM358は2Vくらいでさちる・・・ 
PSOCはサイズも小さくなるしね。

左: オペアンプとシリアル接続のADコンバーター
右: PSOC

どちらも8ch分のアナログを読んで、シリアルで渡すという用途で使える。
PSOCにいたっては、さらに12本分のPWMまで出せる!

価格はあんまし変わんない。(PSOCのほうが安い?)

 

ということで、PSOCによるマイコン間通信をするぞ!

Photo_5

↓お得(?)なピンアサイン
Photo_4
FT232のモジュールから書き込むのですが、
『Vcc GND RXD TXD』というピンアサインにしとけば、
そのままシリアル通信のコネクタに刺せる!

普段Vccはバスパワー駆動用に使っています。

書き込みに使う以外に、
マイコンのシリアルを読んだりすることにも使えるよ。

結構お気に入りの仕様です。 

|

« 電流検出成功! | トップページ | 世の中捨てたモンじゃないね (◎´∀`) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430008/29804777

この記事へのトラックバック一覧です: PSOC 電流検出完璧だ♪:

« 電流検出成功! | トップページ | 世の中捨てたモンじゃないね (◎´∀`) »